2011年02月23日

2011年2月17日/Char


ユニバーサル ミュージック

今日は1970年代後半、ロック御三家と言われたうちの一人、チャーを特集しました。このロック御三家、あとの2人は世良政則、そして原田信二でしたね。
この日特集したのは比較的新しいアルバムで、2003年にリリースされた「MR.70's YOU SET ME FREE」からのチョイスです。
チャーがデビューした頃は、歌謡曲のような扱いでしたが、こうやって聴くとやっぱりロックですよね。
チャーのデビュー曲は「ネイビー・ブルー」で、これはそれほど振るわなかったんですが、1977年にリリースした「気絶するほど悩ましい」、続いて「逆光線」、「闘牛士」とヒット曲を連発していました。この頃はまだ日本語の歌を歌ってたんですね。
で、ロック御三家と称された他の二人、世良政則とツイストは「あんたのバラード」が大ヒット、原田信二も「キャンディ」が大ヒットしていました。
さて、チャーはギターの名手としても有名なんだけど、5歳でピアノを習いはじめ、8歳でギターを手にしていたんですよね。で、その頃からジミ・ヘンドリックスに憧れていたというから筋金入りなのかもね。あ、ジミ・ヘンドリックスって言うのはアメリカの天才ギタリストで通称「ジミヘン」と言われるとっても有名な方なんですよ。
さて、そのチャーですが、中学時代にはスタジオミュージシャンとしてプロ活動を開始しているんですよね~。そして初のレコーディングが16歳と言うから驚きです。
若き日のチャー。高校生の頃に「スモーキー・メディスン」というバンドを結成して活動していた頃、その演奏力やステージングがプロの目にもとまるようになり、内田裕也に声をかけられる事になったんですね。で、内田裕也がプロデュースしたイベントで出演が決まっていた「サディスティック・ミカ・バンド」が海外公演の為に穴があいたため、「スモーキー・メディスン」が抜擢されました。その後、ロックの大規模なイベントとして有名な「郡山ワンステップ・フェスティバル1974」にも出演が決まっていたんですが、その前にバンドは解散してしまいました。そしてその数年後本格的にソロでデビューする事になったワケです。

オンエアはコチラ
================================
Save It For A Rainy Day
Girl
You Set Me Free
Black & Yellow
Cast Away
Jay
Unexpected
Midnight Eyes
But, Your Love's 4-Ever
================================


同じカテゴリー(番組内容)の記事画像
2013年1月24日
2013年1月17日
2013年1月10日
2012年6月7日
2012年5月31日
2011年2月10日/バレンタイン特集
同じカテゴリー(番組内容)の記事
 2015年12月1日(火) (2015-12-01 15:56)
 2013年1月24日 (2013-01-25 06:35)
 2013年1月17日 (2013-01-24 10:32)
 2013年1月10日 (2013-01-11 03:01)
 2012年6月7日 (2012-06-12 11:50)
 2012年5月31日 (2012-06-12 10:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。