2015年12月01日

2015年12月1日(火)

実に久しぶりの番組ブログです。
今日は橋本市学文路の「なりゆき堂」さんで出会った カリンバ奏者のBUNさんのアルバムを特集しました。
謙虚な姿勢で自然と向き合うBUNさんの音楽に魅せられ、浄化された私です。
ヒーリング効果のあるとっても素敵な音楽でした。

プロフィール=======================
Bun(ブン)
カリンバ(親指ピアノ)、ネイティブアメリカンフルートなどの民族楽器奏者。カリンバ、絵画、ライトオブジェを創作。
世界を旅する中で、自身の音霊に目覚めソロ活動を軸にエスニックアンサンブルユニット『KOH-TAO』を主催し、
『Earth Conscious』やディーヴァSandiiとのユニット『SandiiBunbun』に参加。
フジロックをはじめ国内や海外でのフェスでパフォーマンスとスキルを披露。
そして奈良・天河大辨天社での奉納や「地球一周の船旅・ピースボート」の水先案内人・講師としてライブや公演も開催。
JAL国際・国内線やCM「メリーズ」などに楽曲を提供し、ピアニスト西村由紀江さんのアルバムにも参加。
震災以降には被災地復興支援にも力を入れ「みんなの力Live 〜今、私に出来る事 」を展開。
タイ・バンコクでの震災チャリティーイベント「Bangkok TSUMUGU Japan」に出演
近年は様々なアーティストのコラボ企画。
「森のしずく」を立ち上げ、ツアーなども積極的に行っている。
CD等はこちらから
http://bun-kalimba.com

LIVE&ワークショップ情報
2015年11月17日(火)~12月6日(日)
『人形師 山本由也 劇人形作品展 「Dragon」』
ポレポレ坐にて (東京都・東中野)
僕は12月3日(木)に出演です。
http://za.polepoletimes.jp/news/2015/07/20151117126-dragon.html
____________________
2015年12月11日(金)奈良県・奈良町
宇宙の種空間 vol.1
〜異次元からきたジュエリー・絵画・ミネラルたち〜
オープニングパーティで演奏いたします。
https://www.facebook.com/events/644069049029200/
____________________
2015年12月13日(日)東京代官山
『☆クリスマス企画☆ Bun 1dayカリンバ作りワークショップ&ライブ@東京代官山TALIS』
貴方のために、大切な方のために
世界に一つだけのカリンバを作りましょう♪
そして夜にはライブ 〜Healing of the heart〜 も開催します。
今回、制作するカリンバは
カリンバ奏者Bun https://goo.gl/rl8DZ7
がライブやレコーディングで
使用してるのと同じタイプのを1dayで作ります♪
見学も大歓迎です♪♪♪かも〜ん٩(ˊᗜˋ*)و
https://www.facebook.com/events/843647925756913/
____________________
2015年12月18日(金)東京新橋
『大人の学校☆Bunさんカリンバ弾き方ワークショップ &
 ひょうたんライトアップでカレーナイト☆』
Bunさんのカリンバ弾き方ワークショップをおこないます♬
昼間は、絵描き∀KIKOのギャラリーでカリンバ練習会。
夜は、ひょうたんライトアップされた屋上庭園で
カリンバを奏でて下さい♬
わかな特製スパイスカレー付き
カリンバ キラキラひょうたんライト キラキラ
スパイスカレー ホカホカ
https://www.facebook.com/events/980166192006616/
★日時  2015年12月18日(金)
11:00~17:00 カリンバ弾き方ワークショップ
17:00~19:00 ひょうたんライトアップでカレーナイト  


Posted by Kohzoh Usami at 15:56Comments(0)番組内容

2013年01月25日

2013年1月24日


ユニバーサル インターナショナル

午後1時からの番組なので、なるべく食後にやさしい音楽をチョイスできるように心掛けているのですが、今回お届けした「ナナ・ムスクーリ」はかなりオススメです。
世界で最もレコードの売り上げが多い歌手のひとりして有名なギリシャの歌手「ナナ・ムスクーリ」ですが、日本ではあまりなじみのない名前じゃないでしょうか。1934年、ギリシャ・クレタ島生まれ。本名はヨハンナ・ムスクーリ。
選曲中、素晴らしい歌声に魅了されてしまいました。

オン・エアはこちら
===========================
1 アルハンブラの想い出
2 オンリー・ラブ
3 アローン
4 アマポーラ
5 イエスタディ
6 ゴロンドリーナ
7 海岸をゆけば
8 さくらんぼの実る頃
===========================

お届けした中でも、特に「アマポーラ」がお気に入り。
1924年にスペイン出身のホセ・ラカジェが作曲。アマポーラとは「ひなげしの花」の事で、ひなげしを愛しい人に見立てたラブソング。
ナナの歌ったアマポーラは1984年自動車メーカーのCMソングとして起用されましたが、個人的には1984年の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」で使われたのが好き。
また、おなじ映画つながりで、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」に使われた、ご存知ビートルズの名曲のひとつ「イエスタディ」。1965年8月に発売されたイギリス盤のアルバム「4人はアイドル」に収録されていた。
シングル盤は1965年9月にアメリカで発売。ちなみに1965年8月にアメリカで発売されたキャピトル編集盤「4人はアイドル」には収録されていない。
世界のミュージシャンにカバーされており、その数はビートルズ活動中の時点で1000曲を超える。現在ではその数を把握することすら困難な状態で、世界で最も多くカバーされた曲としてギネス認定されているそうです。  


Posted by Kohzoh Usami at 06:35Comments(10)番組内容

2013年01月24日

2013年1月17日


ソニー・ミュージックレコーズ

フィリピン・マニラ出身のジャズ歌手。本名はマリーン・ペーニャ・リム。
15歳でデビューし19歳の時に来日。当時はマリリンと言っていたそうです。

オン・エアはこちら
===========================
1 煙が目にしみる
2 ショー・ミー・ザ・ウェイ
3 ウーマン・イン・ラブ
4 グッド・イナフ・フォー・ユー
5 デジャ・ブー
6 ザンジバル・ナイト
===========================

小ネタ【仕事に活かせる風水(抜粋)】
【仕事グッズに取り入れたい色】

・青……創造性をアップさせ落ち着きも演出。仕事運全般に大吉な色。
・赤……やる気を出させ、決断力を高めます。だれ気味な時に使うと効果的。
・黄色……コミュニケーション力を高め、対人運をよくします。
・緑……心身の疲れを癒やします。職場でストレスを感じたら多用してみて。
・茶色……堅実運を招きます。靴や靴下を茶色にするとミスが減りそう。
・白……リセットを促す色。心機一転したい時は、白の力を借りて。  


Posted by Kohzoh Usami at 10:32Comments(3)番組内容

2013年01月11日

2013年1月10日


〔EMIミュージックジャパン〕

ポルトガルの民族歌謡「ファド」の歌い手、ファドの女王「アマリア・ロドリゲス」の特集でした。
アマリア・ロドリゲスは1920年ポルトガル・リスボン生まれ。
ファドとは、1820年代にポルトガルで生まれた民族歌謡。
主にポルトガルギター(12弦)と現地ではヴィオラと呼ばれるスチール弦のクラシックギターで伴奏される。

ONE AIRはこちら===========

1 暗いはしけ
2 懐かしのリスボン
3 暗き宿命
4 ラ・ラ・ラ
5 愛しきマリアの追憶
6 バラはあこがれ
7 夜のファド
8 真夜中のギター

=======================

番組内の小ネタ、運命数でみる今年の運勢は…

【運命数の出し方】
 生年月日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が運命数です。
<1961年12月2日生まれの場合>
 1+9+6+1+1+2+2=22
 2+2=4
という事で、私の運命数は「4」になります。
結果は以下のとおり。

◆運命数1
物ごとにじっくり取り組む年! 11月22日の運命日は要注目

 今年は、自分の内側に閉じこもりがちな運気です。焦らずに、ものごとにじっくり取り組む年ですよ。自分を変えたいと思うのなら、1年かけて改善を目指しましょう。11月22日が自分の変化に気づく、今年の運命日です。他人を変えようと思ったり、説得したりするのには時間がかかります。特に、異性の上司や恋人とは根気よく付き合っていくことが重要です。気持ちがネガティブになりやすい時期なので、悩みごとは1人で抱えず、周りに相談しましょう。落ち込んだ時はハーブティーや香水などのお気に入りの香りが、あなたのテンションをあげてくれます。

◆運命数2
1年を通してチャンスに恵まれる! 10月26日にはステキな出会いが

 今年は、チャンスをつかめる大変いい運気です。恋愛面や対人関係でもラッキーなハプニングに多く恵まれますよ。縁がなかったタイプの人や、異業種の人との交流の機会も増えます。10月26日の運命日にも、出会いがありそうです。なお、パーティーなどの華やかなイベントがラッキースポットです。おしゃれをして、はしゃげる空間に素晴らしい出会いが待っています。カジュアルなクラブイベントからフォーマルな結婚式まで、あなたを楽しませる出会いは、さまざまな場所にありますよ。

◆運命数3
過去9年間のまとめに入る大事な年! 9月29日は要注目

 過去9年間のまとめに入る大事な年です。仕事も恋愛も今年は気が抜けませんよ。1年を送る中で、自分がこの先ずっと付き合っていく人やものごとがわかります。今年の運命日の9月29日には、「運命」や「使命」という言葉がしっくりくる大きな出来事に恵まれます。来年以降の自分の人生の道も見えてきて気持ちが早まりますが、年内は現状の仕事に専念したほうがいいかもしれません。やり残しがあった場合に後悔が続いてしまいます。

◆運命数4
人生の新しいサイクルが始まる年! 2月1日以降、恋愛運が上昇

 人生の新しいサイクルの始まりとなる運気です。あなたの人徳が周りの評判になる年ですよ。8月7日は今まで頑張ってきたことが一段落を迎える運命日です。それ以降、仕事の状況は変わりますが、悪い方向へは向かいません。心配はいらないでしょう。今後は、現在よりもゆとりのあるスケジュールを組めます。恋愛と新しい人間関係を作ることに関しては、少々配慮が必要かもしれません。恋も人間関係も今のところルーティーンの日常の中でしか発展しないので、マンネリ化を防ぎたい人は、積極的に非日常の空間へと出て行くといいいでしょう。

◆運命数5
人間関係を見直す年! 7月19日には人生の糧になる人に出会えるかも

 今年は、環境から影響を受けやすい運気です。周囲の影響を強く受けてしまいます。そのため、付き合う人を選ぶ必要が出てきますよ。中でも2013年は、お金がない人と交際をするととても苦労します。友人・知人という間柄では、最悪の場合、お金のことでだまされる結果を迎えるかもしれません。恋愛関係では、一緒に苦しい思いをしなければいけないようなので、付き合いを考え直しましょう。プラスになる人との関係を築ける運命日は7月19日です。いいお付き合いが始まるので、あなたの運気も自然と上がります。

◆運命数6
感情が豊かになる年に! 9月3日には恋の運命の人に出会えそう

 1年を通して感情が豊かになる運気です。ある種の楽天さを持って過ごしていきましょう。心配ごとは悩むだけ損をします。ウジウジ悩んで複雑な解決策を練るくらいなら、問題に突進していったほうがいいでしょう。6月9日の出来事には大人として堪えなければいけないところはあると思いますが、感情をストレートに出していくことがツキを呼びます。我慢のし過ぎは禁物です。今年は、自分の気持ちに素直になっていいですよ。あなたを支えてくれる人も周りにちゃんといますので、安心しましょう。

◆運命数7
安定した運気の年! 5月1日の目標を決めるとさらに運気上昇

 運気は安定の時期に入っています。恋愛も仕事も安定を選ぶとうまくいきます。ただし、新たなチャレンジには向かない年といえるでしょう。なお、今年は毎日の生活のサイクルを定めることが、ラッキーアクションになります。5月1日の運命日に目標を決めるといいでしょう。生活に一定のリズムができることで、あなたの運気はあがっていきます。また、金銭運が良好なので、貯金を始めるのもいいでしょう。今の流れに従ってコツコツ貯めていけば、まとまった額が貯金できますよ。

◆運命数8
人気運が高まる1年に! 4月2日以降は出会いは大切に

 今年は、人が多く寄ってくる運気になっています。人との巡り合いの多い年になりますよ。4月2日に運命的な出会いがあります。この日以降は、出会いの多いパーティー会場などには積極的に赴き、知人から新しい人との出会いを紹介してもらうといいでしょう。いい人間関係を築いて相手と仲よくなるためには、攻めの姿勢がいいです。待っているだけでも人は寄ってきますが、面倒くさい人に好かれてしまう可能性も高いです。邪魔な人は相手にするだけ時間の無駄です。シャットアウトしましょう。

◆運命数9
恋も仕事も夢がかないやすい1年に! 3月15日は方向を決める大事な日

穏やかで争いごととは無縁の運気です。些細な出来事にもツキが必ずあり、運気が上向きのいい年です。春の陽気を感じられるようになってくる季節に、今年の方向性を決定付けるようなことが起こりそうですよ。3月15日が運命日です。恋愛・仕事については、夢をかなえられる年になります。明確なビジョンがあった人ほど、出世が近いです。よりよい運気を得るためには、自分の目標を口にしていくことです。ラッキーワードは「私は運いいい」という言葉です。ことあるごとに声に出していきましょう。

いかがだったでしょうか?
また来週も番組をお楽しみくださいませ。  


Posted by Kohzoh Usami at 03:01Comments(3)番組内容

2012年06月12日

2012年6月7日



ラジオネーム「三年坂の某事務所」さんからのリクエストで、シルヴィ・バルタンを特集しました。
私自身、そんなに詳しくなかったんですが、色々聴いてみるといいですね。有名な曲は聴いた事がありました。これは、リアルタイムではなくCM等で耳にしたんでしょう。
芸能生活50年を超えるシルヴィ。デビューの頃は清楚でかわいいイメージの彼女ですが、美しさは変わらず妖艶な女性に変身しておられます。
また、語学が堪能で親日家のシルヴィが歌った日本語の歌「恋人時代」は、すごく流暢な日本語で、とても外国の方が歌っているとは思えません。70年代の日本の歌謡曲を聴いているようでした。
また、中島みゆきの「悪女」のフランス語カバーもみごとで、フランス語になんの違和感も感じない曲でした。

オンエアはこちら
============================================
あなたのとりこ
ズン・ズン・ズン
悲しきスクリーン
アイドルを探せ
しあわせの2分35秒
恋人時代
悪女
恋は水色
恋はジタンの香り
愛の休日
============================================  


Posted by Kohzoh Usami at 11:50Comments(0)番組内容

2012年06月12日

2012年5月31日


ビクターエンタテインメント

ずいぶん久しぶりの番組ブログになってしまいました。
この日は相方のたかちゃんがお休みで、私ひとりでのおとどけとなりました。
そうなると、個人的に好きなアーティストを選択してしまうのですが、今回は何度となく特集をした「レイ・チャールズ」。
最後のアルバムとなった「ジーニアス・ラヴ ~永遠の愛」をお届けしました。
レイ自身が選曲し、デュエット相手を選んだというアルバム。実に渋い仕上がりとなっています。
第47回グラミー賞「年間最優秀アルバム」「年間最優秀シングル」含む8部門受賞し、遺作となったこのアルバムを飾りました。

オンエアはコチラ
============================================
ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン / with ノラ・ジョーンズ
スウィート・ポテト・パイ / with ジェームス・テイラー
ユー・ドント・ノウ・ミー / with ダイアナ・クラール
悲しみのバラード / with エルトン・ジョン
フィーヴァー / with ナタリー・コール
ドゥー・アイ・エヴァー・クロス・ユア・マインド / with ボニー・レイット
楽しかったあの頃 / with ウィリー・ネルソン
ヘイ・ガール / with マイケル・マクドナルド
シニーズ・プレイヤー / with BBキング
============================================  


Posted by Kohzoh Usami at 10:22Comments(0)番組内容

2011年02月23日

2011年2月17日/Char


ユニバーサル ミュージック

今日は1970年代後半、ロック御三家と言われたうちの一人、チャーを特集しました。このロック御三家、あとの2人は世良政則、そして原田信二でしたね。
この日特集したのは比較的新しいアルバムで、2003年にリリースされた「MR.70's YOU SET ME FREE」からのチョイスです。
チャーがデビューした頃は、歌謡曲のような扱いでしたが、こうやって聴くとやっぱりロックですよね。
チャーのデビュー曲は「ネイビー・ブルー」で、これはそれほど振るわなかったんですが、1977年にリリースした「気絶するほど悩ましい」、続いて「逆光線」、「闘牛士」とヒット曲を連発していました。この頃はまだ日本語の歌を歌ってたんですね。
で、ロック御三家と称された他の二人、世良政則とツイストは「あんたのバラード」が大ヒット、原田信二も「キャンディ」が大ヒットしていました。
さて、チャーはギターの名手としても有名なんだけど、5歳でピアノを習いはじめ、8歳でギターを手にしていたんですよね。で、その頃からジミ・ヘンドリックスに憧れていたというから筋金入りなのかもね。あ、ジミ・ヘンドリックスって言うのはアメリカの天才ギタリストで通称「ジミヘン」と言われるとっても有名な方なんですよ。
さて、そのチャーですが、中学時代にはスタジオミュージシャンとしてプロ活動を開始しているんですよね~。そして初のレコーディングが16歳と言うから驚きです。
若き日のチャー。高校生の頃に「スモーキー・メディスン」というバンドを結成して活動していた頃、その演奏力やステージングがプロの目にもとまるようになり、内田裕也に声をかけられる事になったんですね。で、内田裕也がプロデュースしたイベントで出演が決まっていた「サディスティック・ミカ・バンド」が海外公演の為に穴があいたため、「スモーキー・メディスン」が抜擢されました。その後、ロックの大規模なイベントとして有名な「郡山ワンステップ・フェスティバル1974」にも出演が決まっていたんですが、その前にバンドは解散してしまいました。そしてその数年後本格的にソロでデビューする事になったワケです。

オンエアはコチラ
================================
Save It For A Rainy Day
Girl
You Set Me Free
Black & Yellow
Cast Away
Jay
Unexpected
Midnight Eyes
But, Your Love's 4-Ever
================================  


Posted by Kohzoh Usami at 16:43Comments(0)番組内容

2011年02月11日

2011年2月10日/バレンタイン特集



もうすぐバレンタインと言うことで、この番組ではめずらしく乗っかり企画でございます。この日はバレンタインデーに関係する曲をお届けしようと思ったのですが、それじゃ芸がないので、曲のタイトルに「LOVE」とあるものをチョイスしてみました。しかも、ちょっぴり大人っぽい曲を用意しましたよ。
ですが、その前に紹介したいメッセージとリクエストがあります。富山在住のラジオネーム「くもリン」さんからなんですが、レベッカの「チェリーシャッフル」と言う曲にリクエスト頂きました。
じつは、このくもリンさん、富山から和歌山にお越し頂いております。くもリンさんは大のレベッカファンで、当時テレビ番組でレベッカを見て一目惚れ、気が付いたらレベッカのライブに行きまくっていたという筋金入りのファンなんですが、23年前の話だったかな、レベッカが和歌山でコンサートした時もくもリンさんは来られていたそうなんですね。
で、なんと全国で行われたレベッカのライブ地を旅しようと思い立ち、最初の目的地にここ和歌山を選んでくださいました。しかも、ネットでたまたまこの番組ブログを見られて、古い曲を扱っているという事もあり、昨日エフエム和歌山を訪ねてくれたんですね。なんだか嬉しい話じゃないですか。
それからレベッカの音楽に触れたくもリンさんは、音楽に興味を持ち、今では自ら曲を作っているんですよ。今からお届けするのがそうなんですが、公式に公共の電波に乗るのはこれが世界初だそうで、私達の番組としても、バナナFMとしても光栄な事ですよね。お届けした曲は気象予報士らしく「お天気マーチ」です。作詞がくもリンさん、作曲・編曲がくもリンさんとソングメーカーの井村さんでした。
幼稚園で躍りながら歌って欲しいような楽しい曲でしたね。この曲がどんどん広まる事を願いたいと思います。くもリンさん、ありがとうございました。

オンエアはコチラ
====================================
CHERRY SHUFFLE/レベッカ
お天気マーチ/みはる
Hallelujah I Love Her So/Ray Charles
My Love Is Your Love/Whitney Houston
Wake Up My Love/George Harrison
For Your Love/柳ジョージ
ミッドナイト・ラブ・コール/石川セリ
Love Is Easy/尾崎亜美
MY FUNNY VALENTINE/阿川泰子
For The Love Of You/Earl Klugh
====================================  


Posted by Kohzoh Usami at 13:13Comments(1)番組内容

2011年02月03日

2011年2月3日/井上陽水


ポリドール

今日は節分です。海苔巻きまるかぶりの日ですね。今年の恵方、知ってますか?
調べたところ、南南東だそうです。正確には南南東よりちょい南。丙(ひのえ)の方角だそうですよ。ぜひ無言で願い事を浮かべながら、まるかぶりしてくださいね。これ、七福神にちなんで、7種類の具を入れることで、福を巻き込む意味もあるそうです。
今では、コンビニやスーパーでも恵方巻のPOPが多く見られるようになりましたが、この恵方巻の認知度と言うのが、ミツカン調べによると、2002年では53%だったのが、2006年には92.5%になったそうです。わずか4年で半分程度だった認知度がほぼ全国民が知る認知度になったと言うのは驚きですよね。そして実際に食べると回答があったのは約54%。もちろん地方差もあって、やはり西日本の方が恵方巻をよく食べているようです。それに対して関東では約6割が食べないと答えたそうです。
起源は定かではないのですが、大阪の商人が商売繁盛の祈願として始まった説もあったりと、えべっさんと同じくこと商売に関する縁起担ぎは関西が多いですね。
さて今日は、誰もが知っているシンガーソングライター・井上陽水を特集してお届けしました。
さて、この井上陽水。本名は同じ字でなんですが、「いのうえあきみ」と言うそうで、それを音読みして「ヨウスイ」としたそうです。これは、当時すでに活躍していた吉田拓郎の「タクロウ」という呼び名が若者にインパクトを与えているからという理由で、井上陽水もそれに対向して、インパクトのある名前にしたそうです。
余談ですが、井上陽水と名乗る前は「アンドレ・カンドレ」だったんですよね。こっちの方がよほどインパクトがありますが、ちょっと飛びすぎていたのかも知れませんね。
お届けした曲は井上陽水の王道ばかりでした。最初にお届けしたのが「夢の中へ」。もう何の説明もいらないと思います。井上陽水の代表曲のひとつで、1973年にシングルリリースされました。井上陽水自身の初ヒット曲で、オリコンでベスト20にランクインし、20万枚近いセールスを記録しました。1989年には斉藤由貴がカバーしてましたね。しかも、この「夢の中へ」は斉藤由貴にとっても最大のヒット曲となったそうです。
それから4枚目のアルバムとなった「二色の独楽(こま)」は全曲をロサンゼルスで録音。その為なのかこのアルバムに入っている楽曲は今までの陽水とはちょっち違ったポップな明るい曲もいくつかありますね。今回は井上陽水の初期の頃の作品をチョイスしてお届けした訳ですが、歳を重ねるからこそ解る陽水の良さみたいなものを感じました。

オンエアはコチラ
=========================
夢の中へ
東へ西へ
傘がない
氷の世界
心もよう
闇夜の国から
ロンドン急行
夕立
断絶
白い一日
紙飛行機
=========================  


Posted by Kohzoh Usami at 18:55Comments(1)番組内容

2011年02月02日

2011年1月27日/スティービー・ワンダー


Motown Records

1960年代から第一線で活躍しているR&Bの大御所「スティービー・ワンダー」を特集してお届けしました。
11歳でレコードレーベル・モータウンと契約し、モータウン一筋で今もなお活躍やくしているスティービー・ワンダー。30曲以上のUSトップ10ヒットを放ち、合計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロシンガーと言う輝かしい経歴。ローリングストーンズ誌が選ぶ最も偉大なシンガー100人の中では9位と言う名実ともに偉大な彼です。
名曲「心の愛」は、アメリカではビルボード誌のビルボードホット100、R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートの3部門で1位を獲得し、イギリスではスティービー初の全英シングルチャートで1位に輝きました。
それに日本ではテレビコマーシャルやドラマの主題歌にも使われました。じつは、もともと1979年にブレッド&バターに提供した曲で、歌詞はユーミンが担当し「特別な気持ちで」というタイトルで発表を待つばかりだったのが、直前になってスティービーから曲を返して欲しいと依頼があったそうです。結局「特別な気持ちで」はお蔵入りになってしまい5年後にカバーというカタチで再リリースされました。
また、「スーパーステーション」は1972年リリースのアルバム「トーキング・ブック」からシングルリリースされた曲で、もともとアルバムのセッションに参加したジェフ・ベックへのお礼に書かれた曲だったのですが、スティービーのマネージャーに反対されてジェフ・ベックの手に渡る事はありませんでした。しかし、その後お詫びとして1975年に「悲しみの恋人達」と言う曲を提供しています。なんか、こういう事が多いんでしょうか。スティービー・ワンダーって気前がいいんでしょうね。
それから、作品の質に厳しいと言う事で有名なスティービー・ワンダーは、今までお蔵入りした曲は数千にのぼると言われています。またアルバム制作時には、約10倍もある曲から絞り込むそうで、そう思うとヒットしない訳がないですよね。

オンエアはコチラ
================================
Isn't She Lovely
I Just Called To Say I Love You
Superstition
Sir Duke
Uptight (Everything's Alright)
You Are The Sunshine Of My Life
Part-Time Lover
For Once In My Life
Kiss Lonely Good-Bye (Single Version)
For Your Love
================================  


Posted by Kohzoh Usami at 09:03Comments(0)番組内容

2011年02月02日

2011年1月20日/ジューシーフルーツ


コロムビアミュージックエンタテイメント

毎日寒い日が続きますが、この日はそんな寒さを吹き飛ばすようなホットであったかな楽曲をお届けしました。1980年頃日本中で流行ったテクノ音楽の流れをくむバンド、ジューシーフルーツです。
活動期間は1980年から1984年と短かったですが、独特な楽曲がとっても印象的でしたね。今、改めて聴くとけっこう新鮮です。
デビューシングルの「ジェニーはご機嫌ななめ」は、オリコン5位、37万枚を売り上げるという大ヒット曲でした。
それから資料によると、全曲をファルセットによるウィスパー・ボイスで歌いきるという、当時ではほかに類を見ない手法が話題を呼んだとの事です。
ジューシーフルーツ結成前は、近田春夫のバックバンドをやっていたとの事もあり、近田春夫はジューシーフルーツのプロデュースし、楽曲も色々と提供しています。
ところで、サザンオールスターズの曲で有名な「海」と言うのがありますが、実は1984年に桑田佳祐がジューシーフルーツのために書いた曲なんですね。で、それをセルフカバーしてサザンオールスターズのアルバム「人気者で行こう」に収録していました。1990年には芳本美代子がカバーしています。
また、ジューシーフルーツのアルバムにある曲に「夢見るシェルター人形」と言うのがありましたが、これ、聞き覚えのある方が多いと思いますよ。元の曲はフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」で、世界中でカバーされてます。
日本ではオリジナルとして弘田三枝子、中尾ミエが1965年に歌っており、カバーとしては、ザ・ピーナッツ、越路吹雪、南沙織、麻丘めぐみ、石野真子ほか多くのミュージシャンがカバーしていますね。
また、ジューシーフルーツのヒット曲に「恋はベンチシート」と言うのがあり、その続編として「ベンチシート・その後」と言う曲が作られています。ベンチシートに買い換えたものの、やはり前のクーペが良かったと言うオチでした。というより、彼女が彼の誘いを断りたいが為に言ったのが「ベンチシートに買い換えて」だったんですね。で、「ベンチシート・その後」では、「まさかベンチシートのクルマに
買い換えるなんて…」という詩がありました。

オンエアはコチラ
==============================
ジェニーはご機嫌ななめ
十中八九N.G
これがそうなのね仔猫ちゃん
恋愛スランプ
あやふやアバンチュール
恋はベンチシート
ベンチシート・その後
そんなヒロシに騙されて

夢見るシェルター人形
恋は何んでも知っている
==============================  


Posted by Kohzoh Usami at 08:57Comments(0)番組内容

2011年01月16日

2011年1月13日/スターダストレビュー


Sony-Music-Enyertainment

特集したのはスターダストレビュー。1980年始め頃から活躍中のJ-POPバンドです。実は、先週番組にリクエスト頂いたので、この日特集することにしました。
実はスターダストレビューを聴くのはかなり久しぶりなんです。改めてアルバム聴いたけど、いいですね~。蒼穹をかける飛行機雲を連想させます。彼らスターダストレビューの曲を聴くと、そんな爽快感が伝わってきますね。
1979年、グループ名「アレレのレ」でヤマハのポプコンに出場し、「おらが鎮守の村祭り」という曲で優秀曲賞を受賞しています。そして1981年、シングル「シュガーはお年頃」でデビューしました。
デビューにあたりグループ名を「アレレのレ」から「スターダストレビュー」に改名したわけですが、ジャズのスタンダードナンバー「スターダスト」とグループが持つ多様な音楽性をレビュー形式で披露したいとの事からこの名前「スターダストレビュー」にしたそうです。レビューには色々な意味がありますが、日本では演劇なんかを指すかな。歌や踊りと言った感じですね。
後半はカバー曲を3曲、高峰秀子「銀座カンカン娘」、笠置シズ子「東京ブキウギ」、坂本九「上をむいて歩こう」をお届けしましたが、素晴らしいアレンジでした。もちろん、これら名曲は時代が変わっても不朽なんでしょうが、いかにもスターダストレビューらしいアレンジで、改めて彼らの魅力を感じました。

オンエアはコチラ
============================
夢伝説
今夜だけきっと
もう一度ハーバーライト
Be My Baby
銀座ネオンパラダイス
銀座カンカン娘
東京ブギウギ
上を向いて歩こう
Stay My Blue-君が恋しくて-
木蘭の涙
============================  


Posted by Kohzoh Usami at 17:11Comments(0)番組内容

2011年01月16日

2011年1月6日/アール・クルー


ワーナー・ブラザーズ

新春1回目の放送は爽やかな楽曲を用意しました。ギターのインストゥルメンタルです。ジャンルは一応ジャズになるんだけど、フュージョンと言ってもいいかかも知れませんね。
このアール・クルーを初めて知ったのは30年前のこと。
当時勤めていた会社のジャズ好きの先輩に教えてもらったのが最初でした。なんて爽やかなんだろうって思いました。
アール・クルーはアメリカ・デトロイト出身のギタリストで、現在57歳です。ナイロンギターを奏でる彼の最大の特徴と言えば、カラッとしてカントリー・フレーバー。ソウル的な粘っこさよりもカントリー的な明るさがあります。また、その独特な奏法も話題になりました。
年末年始の暴飲暴食で疲れた胃を休めるための七草粥ですが、胃腸と共に、年末年始の慌ただしさを少しでも緩和できればと思って爽やかな曲を特集してお届けしました。

オンエアはコチラ
==========================
Midnight In San Juan
Brazilian Stomp
Across The Sand
Maybe Tonight
Last Song
Rainbow Man
Movin' On
Kissin' On The Beach
===========================  


Posted by Kohzoh Usami at 17:04Comments(3)番組内容

2010年12月31日

2010年12月30日/今年を振り返って


PYRAMID

今年最後の放送と言うことで、ちょっとオシャレなR&Bの曲をお届けしました。
私、宇佐美コーゾーがこの番組を担当する事になってほぼ1年。
2010年1月の最初に放送された「ミスタースリムの面白クラブ」に化粧師・秀さんとゲストとして出演し、次の週には代役としてマイクの前に座りました。
その後、番組タイトルを「オヤジの底ヂカラ」とし、70・80年代の楽曲・アーティストを特集してお届けする音楽番組が生まれたわけです。
70・80年代と言うと、私の青春時代。一番音楽を聴いていた時期でもあります。
あの頃の懐かしく、そして今では新しくさえ感じる曲をチョイスしてお届けしてきました。
この1年は多くのミュージシャンとの出会いの年でもありました。ラジオを通じて多くの方々との出会いもありました。
初めてづくしの1年でしたが、私にとっては有意義でしたね。ラジオをお聴きいただいたリスナーの皆さんにはお聞き苦しい点が多々あったかと思いますが、日々精進し、よりよい番組作りをと思っています。
来年も「オヤジの底ヂカラ」をよろしくお願いします。

オンエアはコチラ
================================
You Send Me / Sam Cooke
Ruler Of My Heart / Irma Thomas
When A Man Loves A Woman / Percy Sledge
Hello Stranger / Barbara Lewis
Rainy Night In Georgia / Brook Benton
Tell It Like It Is / Aaron Neville
Soul Man / Sam & Dave
Hold What You've Got / Joe Tex
Stand By Me / Ben E. King
================================  


Posted by Kohzoh Usami at 12:07Comments(2)番組内容

2010年12月31日

2010年12月23日/ビバリーヒルズ・コップ


ユニバーサル インターナショナル

年末が近づき休日の今日はお掃除日和ってとこでしょうか。そんな訳でお掃除がはかどる軽快な曲と言うことで、1984年、エディ・マーフィの名前を一躍有名した映画「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラ盤を特集してお届けしました。
このビバリーヒルズ・コップって映画、コメディ色の強い刑事ものの映画なんだけど、最初に脚本があがった時にはシルベスター・スターローンが主役をやる予定だったんですね。でも、スターローンが脚本にあるコメディ色を排除してタイトルも「コブラ」に変更するとなったんですが、予算の都合でキャスティングを変更し映画化されました。このスターローン案はのちに彼が主演した「コブラ」という映画になっています。
このビバリーヒルズ・コップで、エディ・マーフィのマシンガントークが有名になりました。映画のヒットで続編も作られましたが、しばらくはエディ・マーフィ主演の映画では、このマシンガントークは切り離せないものとなりました。ただ、このマシンガントーク、彼のキャリアを大きくしたのは間違いないですが、なかなか別のキャラクターに切り替えるのが大変だったようです。余談ですが、彼エディ・マーフィのマシンガントークは、ラッシュアワーでジャッキー・チェンと共演したクリス・タッカーが受け継いでいますね。
さてここでちょっと映画に触れてみましょう。シカゴの型破りな敏腕刑事のアクセル・フォーリーこと、エディ・マーフィ。彼の親友が殺された事で、そのヒントをビバリーヒルズにあるとにらみ、休暇をとって単身ビバリーヒルズに乗り込んだアクセル。シカゴのごみごみした街とは違い、セレブが集まるビバリーヒルズ。そのギャップの描き方も面白かったですね。
そんな中、得意のマシンガントークで高級ホテルのスイートルームをシングル価格でキープするアクセル。
映画だからこそあり得る展開で、口先だけでどんどん展開していくんですが、内容どうのこうのを楽しむ映画と言うより、エディ・マーフィのはちゃめちゃぶを楽しむ映画なんですね。それでもチラッと垣間見ることができるアクセルの知的な部分が映画のいいスパイスになっています。それが敏腕刑事につながってるんですよね。そのあたりの描写も観ていて気持ちいいですよ。
このビバリーヒルズ・コップは3年後の1987年に続編としてビバリーヒルズ・コップ2が公開され、さらに時間をおいて1994年にビバリーヒルズ・コップ3が公開されています。
さらに2008年頃から、ビバリーヒルズ・コップ4の制作が決まり、2010年に公開との話がありましたが、どうなっているのでしょうか。上映の噂は聞きませんね。
1作目のビバリーヒルズ・コップが公開された時代は、ハリウッド映画界も元気でした。今のようにCGもなく、役者やスタントマンが体当たりの演技をしており、映画そのものの作り込みや脚本もしっかりしていましたね。もちろん昨今のCGをふんだんに使った映像というのは素晴らしいものがありますが、人間臭い映像つくりが主だったこの時代1980年代の映画は今でもそれなりに楽しめますね。

オンエアはコチラ
======================================
The Heat Is On / Glenn Frey
Don't Get Stopped In Beverly Hills / Shalamar
Do You Really (Want My Love) / Junior
Neutron Dance / The Pointer Sisters
Stir It Up / Patti LaBelle
Rock 'n Roll Me Again / The System
Gratitude / Danny Elfman
New Attitude / Patti LaBelle
Emergency / Rockie Robbins
Axel F / Harold Faltermeyer
======================================  


Posted by Kohzoh Usami at 11:52Comments(1)番組内容

2010年12月31日

2010年12月16日/ザ・キング・トーンズ


ポリドール

世間はクリスマス一色ですが、この番組だけは独自の路線で貫きますよ。今日は、かな~り古い曲を特集します。以前、ラッツ&スターを特集した時に、日本のドゥアップの元祖とも言うべきグループとして紹介した事があります、ザ・キング・トーンズを特集してお届けしました。
1曲目は「ドゥワップ・トゥナイト」をお届けしましたが、この曲はドゥ・ワップですが、他の曲はどちらかと言えばR&B・リズムアンドブルースのコーラスグルーブって感じですね。
今日は懐かしいと言うより、初めて聴く方のほうが多いんじゃないでしょうか。
このキング・トーンズは、1959年に結成しているんですね。活動拠点が米軍キャンプと言うんだから、時代の古さが伝わると思います。
ボーカルの内田正人さんは1936年生まれなんです。74歳ですよ。まだ現役ですよね。すごいです。声も変わりません。
若い頃の容姿は知りませんが、私の知ってる内田さんはサングラスをかけた丸顔のおっちゃんなんですね。でも、存在感がすごい。
キングトーンズと言えば、和歌山の人にとって覚えのあるところで、JAのコマーシャルで「わっわ~和歌山~」って歌ってましたね。和歌山県のコマーシャルソングでした。当時、有線リクエストの県内第1位にもなったそうですよ。
それから1994年に和歌山マリーナシティで行われたリゾート博の中でも歌ってたように覚えてるんですが、どうだったでしょうか。
そして名曲「グッド・ナイト・ベイビー」。この曲、1969年のオリコンで2位に輝きました。さらにアメリカ・ビルボード誌R&B部門で48位になっています。
当時のレコード販促のコピーとして「忘れられないこのメロディー R&Bの決定版!!」とあったそうです。
それから番組でおかけした「ライオンは寝ている」。元々は1939年にソロモン・リンダによってかかれた曲で、彼のグループ「イブニング・バーズ」によって演奏されました。
南アフリカでは1940年代に10万枚も売れるヒット曲となりも後にアフリカのアカペラの音楽スタイル「ムブーベ」の元となったそうです。有名な曲ですよね。
かなり古い曲ばかりでしたが、今でも十分通用するんじゃないかなと思います。

オンエアはコチラ
==============================
Doo-Wop! Tonight
In The Still Of The Night (夜の静寂に)
涙のグラジュエーション・デイ
エンドレス・サマー
オンリー・ユー
グッド・ナイト・ベイビー(英語版)
ドック・オブ・ベイ
煙りが眼にしみる
ライオンは寝ている
マウンティン・ハイ
ベイビー・ カム・ホーム
マッチョ・マン
==============================  


Posted by Kohzoh Usami at 11:43Comments(1)番組内容

2010年12月31日

2010年12月9日/カーペンターズ


ビクターエンターテイメント

世間はクリスマス一色。クリスマスソングで街の賑わいをよりいっそう楽しいものにしているようです。
が、この番組ではクリスマスとは無縁で進めていきたいと思います。ただね、年末の慌ただしさを少しでも緩和できるような曲選びをしているんですよ。と言うことで、今日は兄弟のポップスデュオ「カーペンターズ」を特集しました。
カーペンターズと言えば「イエスタディ・ワンス・モア」。1973年にシングルリリースされたご存知・超有名曲です。1973年のビルボード・ホット100で第2位に。そして日本・イギリスではカーペンターズ最大のヒット曲となり、日本での公称セールスは100万枚以上。オリコン洋楽チャートでは26週間、第1位に輝きました。
また「スーパースター」は1969年にデラニー&ボニーが発表した曲で、1971年にカーペンターズがカバーして世界的に大ヒットしました。
テレビでベット・ミドラーが歌っているのを見た兄が妹・カレンにぴったりだと思いカバーしたそうですが、歌詞はオリジナルから一部書き換えられているそうです。
それから「プリーズ・ミスター・ポストマン」。これはカーペンターズと言うより、オールディーズと言った方がいいかも知れません。1961年マーヴェレッツが歌った曲で、同年1961年にのビルボード週間ランキング1位を獲得、年間ランキングは19位でした。そしてダイアナ・ロス、ジャクソン5、テンプテーションズ、スティービー・ワンダーという名だたる歌手・グループにカバーされた曲なんですね。そしてカーペンターズは1974年にカバーし、全世界でチャート1位に輝きました。
さて、このカーペンターズ。お兄さんリチャード・カーペンターと妹、カレン・カーペンターの兄弟デュオで、私のイメージは優等生ポップスシンガーって言うイメージでしたね。
活動は1969年から1983年。残念な事に妹カレンの死去により活動が中止されました。

オンエアはコチラ
===================================
Yesterday Once More
Superstar
Rainy Days And Mondays
Goodbye To Love
Sing
Top Of The World
Jambalaya (On The Bayou)
Please Mr. Postman
Only Yesterday
The Rainbow Connection
===================================  


Posted by Kohzoh Usami at 11:33Comments(2)番組内容

2010年12月04日

2010年12月2日/エリック・クラプトン


ワーナーミュージック・ジャパン

今日は私の40代最後の誕生日。少しは大人になったかなと言うことで大人なチョイスです。エリック・クラプトンの「アンプラグド」を特集いたしました。
この「アンプラグド」はアメリカの音楽番組「MTV」で放送されたものなのでライブ版になります。アンプラグドという言葉は、直訳すると「プラグが無い」、つまり電気楽器を使っていない。と言うことは、エリック・クラプトンの場合はアコースティックギターを使用しているという事ですね。
このエリック・クラプトン、世界の4大ギタリストの称号与えられた1人で、ちなみに他の3人はジミ・ヘンドリックス、カルロス・サンタナ、ジェフ・ベックがいます。
またローリングストーズ誌2003年8月号にある「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では堂々の4位に輝いています。ギターの名手なんですよね。
そして番組内でお届けしたティアーズ・イン・ヘヴン。この曲けっこう有名で聴いた事のある方も多いと思うんですが、映画「ラッシュ」の主題歌としてリリースされ、1992年に全米シングルチャート2位、1993年のグラミー賞で最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ポップ男性歌手賞に選出されました。
しかし、それよりもこのティアーズ・イン・ヘヴンは、まだ幼かった子どもを事故で亡くし、息子を追悼する曲としてかかれたそうです。
さて、このエリック・クラプトンは1945年イングランド生まれの65歳。1963年、バンド・ルーターズでデビューし、夏にはロンドンで注目を集めていたバンド・ヤードバーズに迎えられます。しかし2年後にはメンバーとの対立から脱退しますが、その代わりに後に有名になるジェフ・ベック、ジミー・ペイジが参加しているんですね。
クラプトンはその後、ブルースブレイカーズに参加。この頃、ロンドンの街中に「クラプトン・イズ・ゴッド」の落書きが多く見られるようになり、この頃から「ギターの神様」と呼ばれるようになったそうです。
ブルースブレイカーズを脱退したクラプトンは、ジャック・ブルースやジンジャー・ベイカーたちと「クリーム」を結成。またまた人間関係のもめ事からバンドは解散し、スティーヴ・ウィンウッドやジンジャー・ベイカーたちと「ブラインド・フェイス」を結成。1枚のアルバムをリリースしただけで解散しました。
その後、エリック・クラプトンはアメリカに渡りデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成し、ソロ活動を始めたわけです。
以前、この番組でジョージ・ハリスンを特集した時に触れましたが、エリック・クラプトンとジョージ・ハリスンは親友関係なんですが、このレイラと言う曲はジョージ・ハリスンの前妻であり、当時のクラプトンの奥さんの為にかかれた曲だと言われています。有名な話ですよね。
アメリカに渡ってからのエリック・クラプトンは、色んなバンドに参加したり、自らのバンドを率いたりして音楽活動をやっていましたが、1991年には自らのバンドを率いてジョージ・ハリスンの日本公演のサポートのために来日しています。ただ、この年に前述した息子の事故があり、しばらく休養しました。なので、この1991年のジョージ・ハリスンの日本公演はとってもレアだったんですよね。

オンエアはコチラ
==================================
Before You Accuse Me
Hey Hey
Tears In Heaven
Lonely Stranger
Nobody Knows You When You're Down & Out
Layla
Running On Faith
Walkin' Blues
Alberta
==================================  


Posted by Kohzoh Usami at 18:26Comments(0)番組内容

2010年11月25日

2010年11月25日/カップヌードルCMソングコレクション


MH---GT-music

世界でもっとも食されているインスタントカップ麺のカップヌードルが生まれたのは、1971年の事。来年で40周年を迎えるんですね。
発売当時から印象的なコマーシャルがテレビから流れていましたが、35周年になる2006年にそんなコマーシャルソングを集めたCDが発売されました。題して「カップヌードルCMソングコレクション」。今日はそこから時系列でお届けしたいと思います。
初めてのCMソングは「日清カップヌードル ハッピーじゃないか」。もちろん1971年の曲です。たまたま、この間テレビでこの映像を見ましたよ。私、10歳だったからさすがに懐かしさはなかったですね~。カップヌードルの存在を知ったのは中学生になってからかな。
すぐ近所に販売機が出来て、お湯の出るタイプのでしたよ。それと透明のフォークね。それに部活の時に食べたりしてました。
あと、覚えてるかな~。同じ頃「カップスター」ってのもありましたよね。たしか純アリサがCMしていました。あまり売れなかったみたいだね。それにカップライスもあったなぁ。これもイマイチだったわ。
それからロブバードの「ボーンフリー・スピリット」。この曲は1980年にシングルリリースされました。この曲をコマーシャルで聴いた時、すごく気に入っちゃってシングルレコード買いましたもん。今聴いてもワクワクする曲なんですよ。
その後も当時の流行歌を取り入れ、画期的な映像のCMを届けてくれたカップヌードル。
今も世界のどこかで、日本のどこかで食されているんでしょうね。

オンエアはコチラ
=============================================
笠井紀美子 & デューク・エイセス/日清カップヌードル ハッピーじゃないか
ロブバード/ボーンフリー・スピリット
大沢誉志幸/そして僕は途方に暮れる
中村あゆみ/翼の折れたエンジェル
HOUND DOG/ff (フォルティシモ)
鈴木雅之/ガラス越しに消えた夏
遊佐未森(ゆさみもり)/地図をください
CHAGE&ASKA/太陽と埃の中で
=============================================  


Posted by Kohzoh Usami at 19:08Comments(0)番組内容

2010年11月18日

2010年11月18日/レイ・チャールズ


Atlantic-Wea

レイ・チャールズと言えば、思い出される映画が色々ありまして、それこそ先週特集したブルースブラザーズの1作目で登場していました。そして、今日は、彼・レイ・チャールズの伝記映画「レイ」の事を少し紹介したいと思います。
2004年10月にアメリカで公開されましたが、その公開を待たずにレイ・チャールズは他界してしまいました。
しかし、映画制作中は現場にレイ・チャールズが訪れ主演のジェイミー・フォックスの歌を聴いて「私の後継者になれる」というエピソードが残っています。
この映画では主演のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞していますね。それほどレイ・チャールズ本人に似ていました。この映画は何度か観ましたが、まるで本人が歌っているような錯覚におちいってしまいます。
この映画、レイ・チャールズが好きなら、また今日の特集でレイ・チャールズを気に入って頂けたなら、ぜひ観て頂きたい映画です。クインシー・ジョーンズとの出会いなんかもあって、二人の関係がよく分かります。
レイ・チャールズは1930年アメリカ・ジョージア州生まれで、6歳の時に緑内障の為に失明しています。この辺は映画でも詳しく描かれていますが、そんなハンディを背負いながらも、リズムアンドブルース、ゴスペル、ジャズを自らのカタチで歌い続けてきました。ソウルの神様という別名もあるくらいなんですよ。
このレイ・チャールズ。歌声もさることながら、その歌い方も好きで、もともといかり肩なのかな、両肩をすくめたようなポーズで身体を左右にゆさぶりながらピアノを弾いて歌うんです。足は大きく足踏みしながらテンポをとってね。ピアノのペダルを踏まない時は両足で足踏みしていますよ。だから身体が左右に振れるのかも知れませんね。この歌い方、なんだかとっても好きなんです。
さて、レイ・チャールズがまだ若かった頃は、黒人差別もはげしく、黒人差別に反対したレイ・チャールズはジョージア州でのコンサートをドタキャンした為、ジョージア州議会はレイ・チャールズを追放しちゃったんですね。1965年のことでした。その後1979年まで続きました。そして、「わが心のジョージア」を正式な州の歌として認定したそうです。

オンエアはコチラ
===========================
I Don't Need No Doctor
Unchain My Heart
That Lucky Old Sun
Hit The Road Jack
I'll Be Good To You
Imagine
Georgia On My Mind
Mess Around
Yesterday
Hallelujah I Love Her So
I'm Movin' On
(Night Time Is) The Right Time
Lonely Avenue
===========================  


Posted by Kohzoh Usami at 16:57Comments(2)番組内容