2011年02月23日

2011年2月17日/Char


ユニバーサル ミュージック

今日は1970年代後半、ロック御三家と言われたうちの一人、チャーを特集しました。このロック御三家、あとの2人は世良政則、そして原田信二でしたね。
この日特集したのは比較的新しいアルバムで、2003年にリリースされた「MR.70's YOU SET ME FREE」からのチョイスです。
チャーがデビューした頃は、歌謡曲のような扱いでしたが、こうやって聴くとやっぱりロックですよね。
チャーのデビュー曲は「ネイビー・ブルー」で、これはそれほど振るわなかったんですが、1977年にリリースした「気絶するほど悩ましい」、続いて「逆光線」、「闘牛士」とヒット曲を連発していました。この頃はまだ日本語の歌を歌ってたんですね。
で、ロック御三家と称された他の二人、世良政則とツイストは「あんたのバラード」が大ヒット、原田信二も「キャンディ」が大ヒットしていました。
さて、チャーはギターの名手としても有名なんだけど、5歳でピアノを習いはじめ、8歳でギターを手にしていたんですよね。で、その頃からジミ・ヘンドリックスに憧れていたというから筋金入りなのかもね。あ、ジミ・ヘンドリックスって言うのはアメリカの天才ギタリストで通称「ジミヘン」と言われるとっても有名な方なんですよ。
さて、そのチャーですが、中学時代にはスタジオミュージシャンとしてプロ活動を開始しているんですよね~。そして初のレコーディングが16歳と言うから驚きです。
若き日のチャー。高校生の頃に「スモーキー・メディスン」というバンドを結成して活動していた頃、その演奏力やステージングがプロの目にもとまるようになり、内田裕也に声をかけられる事になったんですね。で、内田裕也がプロデュースしたイベントで出演が決まっていた「サディスティック・ミカ・バンド」が海外公演の為に穴があいたため、「スモーキー・メディスン」が抜擢されました。その後、ロックの大規模なイベントとして有名な「郡山ワンステップ・フェスティバル1974」にも出演が決まっていたんですが、その前にバンドは解散してしまいました。そしてその数年後本格的にソロでデビューする事になったワケです。

オンエアはコチラ
================================
Save It For A Rainy Day
Girl
You Set Me Free
Black & Yellow
Cast Away
Jay
Unexpected
Midnight Eyes
But, Your Love's 4-Ever
================================  


Posted by Kohzoh Usami at 16:43Comments(0)番組内容

2011年02月11日

2011年2月10日/バレンタイン特集



もうすぐバレンタインと言うことで、この番組ではめずらしく乗っかり企画でございます。この日はバレンタインデーに関係する曲をお届けしようと思ったのですが、それじゃ芸がないので、曲のタイトルに「LOVE」とあるものをチョイスしてみました。しかも、ちょっぴり大人っぽい曲を用意しましたよ。
ですが、その前に紹介したいメッセージとリクエストがあります。富山在住のラジオネーム「くもリン」さんからなんですが、レベッカの「チェリーシャッフル」と言う曲にリクエスト頂きました。
じつは、このくもリンさん、富山から和歌山にお越し頂いております。くもリンさんは大のレベッカファンで、当時テレビ番組でレベッカを見て一目惚れ、気が付いたらレベッカのライブに行きまくっていたという筋金入りのファンなんですが、23年前の話だったかな、レベッカが和歌山でコンサートした時もくもリンさんは来られていたそうなんですね。
で、なんと全国で行われたレベッカのライブ地を旅しようと思い立ち、最初の目的地にここ和歌山を選んでくださいました。しかも、ネットでたまたまこの番組ブログを見られて、古い曲を扱っているという事もあり、昨日エフエム和歌山を訪ねてくれたんですね。なんだか嬉しい話じゃないですか。
それからレベッカの音楽に触れたくもリンさんは、音楽に興味を持ち、今では自ら曲を作っているんですよ。今からお届けするのがそうなんですが、公式に公共の電波に乗るのはこれが世界初だそうで、私達の番組としても、バナナFMとしても光栄な事ですよね。お届けした曲は気象予報士らしく「お天気マーチ」です。作詞がくもリンさん、作曲・編曲がくもリンさんとソングメーカーの井村さんでした。
幼稚園で躍りながら歌って欲しいような楽しい曲でしたね。この曲がどんどん広まる事を願いたいと思います。くもリンさん、ありがとうございました。

オンエアはコチラ
====================================
CHERRY SHUFFLE/レベッカ
お天気マーチ/みはる
Hallelujah I Love Her So/Ray Charles
My Love Is Your Love/Whitney Houston
Wake Up My Love/George Harrison
For Your Love/柳ジョージ
ミッドナイト・ラブ・コール/石川セリ
Love Is Easy/尾崎亜美
MY FUNNY VALENTINE/阿川泰子
For The Love Of You/Earl Klugh
====================================  


Posted by Kohzoh Usami at 13:13Comments(1)番組内容

2011年02月03日

2011年2月3日/井上陽水


ポリドール

今日は節分です。海苔巻きまるかぶりの日ですね。今年の恵方、知ってますか?
調べたところ、南南東だそうです。正確には南南東よりちょい南。丙(ひのえ)の方角だそうですよ。ぜひ無言で願い事を浮かべながら、まるかぶりしてくださいね。これ、七福神にちなんで、7種類の具を入れることで、福を巻き込む意味もあるそうです。
今では、コンビニやスーパーでも恵方巻のPOPが多く見られるようになりましたが、この恵方巻の認知度と言うのが、ミツカン調べによると、2002年では53%だったのが、2006年には92.5%になったそうです。わずか4年で半分程度だった認知度がほぼ全国民が知る認知度になったと言うのは驚きですよね。そして実際に食べると回答があったのは約54%。もちろん地方差もあって、やはり西日本の方が恵方巻をよく食べているようです。それに対して関東では約6割が食べないと答えたそうです。
起源は定かではないのですが、大阪の商人が商売繁盛の祈願として始まった説もあったりと、えべっさんと同じくこと商売に関する縁起担ぎは関西が多いですね。
さて今日は、誰もが知っているシンガーソングライター・井上陽水を特集してお届けしました。
さて、この井上陽水。本名は同じ字でなんですが、「いのうえあきみ」と言うそうで、それを音読みして「ヨウスイ」としたそうです。これは、当時すでに活躍していた吉田拓郎の「タクロウ」という呼び名が若者にインパクトを与えているからという理由で、井上陽水もそれに対向して、インパクトのある名前にしたそうです。
余談ですが、井上陽水と名乗る前は「アンドレ・カンドレ」だったんですよね。こっちの方がよほどインパクトがありますが、ちょっと飛びすぎていたのかも知れませんね。
お届けした曲は井上陽水の王道ばかりでした。最初にお届けしたのが「夢の中へ」。もう何の説明もいらないと思います。井上陽水の代表曲のひとつで、1973年にシングルリリースされました。井上陽水自身の初ヒット曲で、オリコンでベスト20にランクインし、20万枚近いセールスを記録しました。1989年には斉藤由貴がカバーしてましたね。しかも、この「夢の中へ」は斉藤由貴にとっても最大のヒット曲となったそうです。
それから4枚目のアルバムとなった「二色の独楽(こま)」は全曲をロサンゼルスで録音。その為なのかこのアルバムに入っている楽曲は今までの陽水とはちょっち違ったポップな明るい曲もいくつかありますね。今回は井上陽水の初期の頃の作品をチョイスしてお届けした訳ですが、歳を重ねるからこそ解る陽水の良さみたいなものを感じました。

オンエアはコチラ
=========================
夢の中へ
東へ西へ
傘がない
氷の世界
心もよう
闇夜の国から
ロンドン急行
夕立
断絶
白い一日
紙飛行機
=========================  


Posted by Kohzoh Usami at 18:55Comments(1)番組内容

2011年02月02日

2011年1月27日/スティービー・ワンダー


Motown Records

1960年代から第一線で活躍しているR&Bの大御所「スティービー・ワンダー」を特集してお届けしました。
11歳でレコードレーベル・モータウンと契約し、モータウン一筋で今もなお活躍やくしているスティービー・ワンダー。30曲以上のUSトップ10ヒットを放ち、合計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロシンガーと言う輝かしい経歴。ローリングストーンズ誌が選ぶ最も偉大なシンガー100人の中では9位と言う名実ともに偉大な彼です。
名曲「心の愛」は、アメリカではビルボード誌のビルボードホット100、R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートの3部門で1位を獲得し、イギリスではスティービー初の全英シングルチャートで1位に輝きました。
それに日本ではテレビコマーシャルやドラマの主題歌にも使われました。じつは、もともと1979年にブレッド&バターに提供した曲で、歌詞はユーミンが担当し「特別な気持ちで」というタイトルで発表を待つばかりだったのが、直前になってスティービーから曲を返して欲しいと依頼があったそうです。結局「特別な気持ちで」はお蔵入りになってしまい5年後にカバーというカタチで再リリースされました。
また、「スーパーステーション」は1972年リリースのアルバム「トーキング・ブック」からシングルリリースされた曲で、もともとアルバムのセッションに参加したジェフ・ベックへのお礼に書かれた曲だったのですが、スティービーのマネージャーに反対されてジェフ・ベックの手に渡る事はありませんでした。しかし、その後お詫びとして1975年に「悲しみの恋人達」と言う曲を提供しています。なんか、こういう事が多いんでしょうか。スティービー・ワンダーって気前がいいんでしょうね。
それから、作品の質に厳しいと言う事で有名なスティービー・ワンダーは、今までお蔵入りした曲は数千にのぼると言われています。またアルバム制作時には、約10倍もある曲から絞り込むそうで、そう思うとヒットしない訳がないですよね。

オンエアはコチラ
================================
Isn't She Lovely
I Just Called To Say I Love You
Superstition
Sir Duke
Uptight (Everything's Alright)
You Are The Sunshine Of My Life
Part-Time Lover
For Once In My Life
Kiss Lonely Good-Bye (Single Version)
For Your Love
================================  


Posted by Kohzoh Usami at 09:03Comments(0)番組内容

2011年02月02日

2011年1月20日/ジューシーフルーツ


コロムビアミュージックエンタテイメント

毎日寒い日が続きますが、この日はそんな寒さを吹き飛ばすようなホットであったかな楽曲をお届けしました。1980年頃日本中で流行ったテクノ音楽の流れをくむバンド、ジューシーフルーツです。
活動期間は1980年から1984年と短かったですが、独特な楽曲がとっても印象的でしたね。今、改めて聴くとけっこう新鮮です。
デビューシングルの「ジェニーはご機嫌ななめ」は、オリコン5位、37万枚を売り上げるという大ヒット曲でした。
それから資料によると、全曲をファルセットによるウィスパー・ボイスで歌いきるという、当時ではほかに類を見ない手法が話題を呼んだとの事です。
ジューシーフルーツ結成前は、近田春夫のバックバンドをやっていたとの事もあり、近田春夫はジューシーフルーツのプロデュースし、楽曲も色々と提供しています。
ところで、サザンオールスターズの曲で有名な「海」と言うのがありますが、実は1984年に桑田佳祐がジューシーフルーツのために書いた曲なんですね。で、それをセルフカバーしてサザンオールスターズのアルバム「人気者で行こう」に収録していました。1990年には芳本美代子がカバーしています。
また、ジューシーフルーツのアルバムにある曲に「夢見るシェルター人形」と言うのがありましたが、これ、聞き覚えのある方が多いと思いますよ。元の曲はフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」で、世界中でカバーされてます。
日本ではオリジナルとして弘田三枝子、中尾ミエが1965年に歌っており、カバーとしては、ザ・ピーナッツ、越路吹雪、南沙織、麻丘めぐみ、石野真子ほか多くのミュージシャンがカバーしていますね。
また、ジューシーフルーツのヒット曲に「恋はベンチシート」と言うのがあり、その続編として「ベンチシート・その後」と言う曲が作られています。ベンチシートに買い換えたものの、やはり前のクーペが良かったと言うオチでした。というより、彼女が彼の誘いを断りたいが為に言ったのが「ベンチシートに買い換えて」だったんですね。で、「ベンチシート・その後」では、「まさかベンチシートのクルマに
買い換えるなんて…」という詩がありました。

オンエアはコチラ
==============================
ジェニーはご機嫌ななめ
十中八九N.G
これがそうなのね仔猫ちゃん
恋愛スランプ
あやふやアバンチュール
恋はベンチシート
ベンチシート・その後
そんなヒロシに騙されて

夢見るシェルター人形
恋は何んでも知っている
==============================  


Posted by Kohzoh Usami at 08:57Comments(0)番組内容