2010年01月17日

2010年1月14日放送


avex group AKIRA TERAO Re-Cool Reflections

この回は「ミスタースリムの面白クラブ」の代行だったので、まだタイトルは発表していませんでした。
この番組は70・80年代の音楽をお送りする音楽番組としてスタート。
初回は歌詞が印象的な「寺尾聰」のリフレクションズをチョイス。しかし、1981年に発表されたものではなく、当時のスタッフ・メンバーで再録された2008年発表の「Re-Cool リフレクションズ」です。
よりクールでオシャレになったリフレクションズ。最近では役者として有名ですが、もともとグループサウンズでも歌っていた歌手なのです。
1981年当時は、大ヒットしたテレビシリーズ「西部警察」に出演していた事もあり、多忙の為、撮影所の廊下でジャケット撮影したのは有名な話。
時を経て、より渋い役者になった寺尾聰。その時の流れまでもが曲作りに反映されたのか、Re-Cool版でも大人っぽいアレンジの曲が目立ちます。
番組内ではすべてを流せませんでしたが、オンエアされた曲は以下のとおり。

Re-Cool ハバナ・エクスプレス
Re-Cool 渚のカンパリソーダ
Re-Cool 喜望峰
Re-Cool 二季物語
Re-Cool 予期せぬ出来事
Re-Cool ダイヤルM
Re-Cool ルビーの指環

それから、番組に寄せられたメッセージの中に、初パーソナリティの私へと、こんなものを頂きました。


「平常心」。まさに放送中、私に必要なものでした。ありがとうございました。


同じカテゴリー(番組内容)の記事画像
2013年1月24日
2013年1月17日
2013年1月10日
2012年6月7日
2012年5月31日
2011年2月17日/Char
同じカテゴリー(番組内容)の記事
 2015年12月1日(火) (2015-12-01 15:56)
 2013年1月24日 (2013-01-25 06:35)
 2013年1月17日 (2013-01-24 10:32)
 2013年1月10日 (2013-01-11 03:01)
 2012年6月7日 (2012-06-12 11:50)
 2012年5月31日 (2012-06-12 10:22)

Posted by Kohzoh Usami at 02:40│Comments(3)番組内容
この記事へのコメント
いつでも『平常心』のセノールマンキです

この言葉は
大好きなフォークシンガーのSEIZY(セイジー)さんが着ている
ステージ衣装のTシャツにでかでかと書いてあるのです。

ばななFMのある
モンティグレにて新春に開催された
榎本草山先生による
『輝』という色紙をいただいたので
これにインスパイアされて
宇佐美コーゾーさんには
『平常心』を送った次第です。
Posted by セノールマンキ at 2010年01月17日 11:18
>セノールマンキさん

お便りありがとうね。
番組初日だったので嬉しかったです。
また、番組へのメール・お便りくださいませ。
Posted by Kohzoh UsamiKohzoh Usami at 2010年01月17日 14:45
動作原理、デジタル時計はシングルチップの大規模集積回路、シングルチップからフォトダイオードのスクリーン、電源、制御作業のスイッチなどに反対して構成します。三洋の生産の時計の電気回路、同類の電気回路は互いに皆モデル・チェンジして交換して使いてよいです。そのピン機能と内部の論理の枠。
フラットパネルの形共に陰極の赤色LEDディスプレイ。レプリカ時計表示の内容は4位の7段の数字と“午前”、“午後”、コロンなどの記号があります。全ては少し丸い筆画ごとにとすべて独立した発光ダイオードで、これらのダイオードの陰極がつながっていっしょに公共の陰極にします。
Posted by レプリカ時計 at 2013年11月13日 10:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。